SepPDF Ver1.14                              2004.6.18

PDFの指定した範囲を、1ページ1ファイルに分解

フリーソフト

【動作確認済みOS】
Windows95,Windows98,WindowsMe,WindowsNT4.0,Windows2000,WindowsXP
Windows98(Eng),Windows2000(Eng)

【インストール】
解凍した後、すべてのファイルを同一のフォルダ内に置いてください。
フォルダ名は自由です。

【アンインストール】
インストール時にファイルを設置したフォルダを削除して下さい。
レジストリは一切使っていません。

--------------------------------------------------------------------------
制限事項

一部 分解できないPDFファイルがあります

* 内部が暗号化されたPDFファイル
(「セキュリティパスワード」が「はい」になっているファイル等)
* 壊れているファイル
(Acrobat Reader等で読むと「修復中」と表示されるファイルも一部 本ソフトでは修復できません)
* 一部 分解操作を完了しても、内容表示時にエラーが出るファイルもあります
(PDFファイル構造のすべてを網羅できてはいません すんません)
* 分解するとインタラクティブな特性( リンク関連の情報等)、「作成者」等の文書情報 は消失します
* しおり等の画面表示制御は ではできません

その他、複雑なファイルの処理は時間がかかる、 一度に1ファイルしか処理できない、分解後のファイル名を指定できない 等々

==============
使用方法

(ドラッグ&ドロップし「ページ分解」ボタンを押す)
※分解操作にAcrobatは不要

全ページ分解の場合:

1.以下のいずれかの方法で、分解したいPDFファイルを「PDFファイル名」欄に入力します
* 分解したいファイルを SepPDF のウィンドウにマウスでドラッグ
* 「参照」ボタンを押して 分解したいファイルを選択
* 「PDFファイル名」欄にキーボードで直接ファイル名(パス付き)を入力
* SepPDF のアイコンに 分解したいファイルをマウスでドラッグ
その他、Sendtoに登録しておいてファイル右クリックで起動することも可能です
(Sendtoへの登録は例えばWindows98ならWindowsフォルダのSendToフォルダに
SepPDFのショートカットを作成する等)
2.「全ページ分解」ボタン あるいは メニューの「操作 - 全ページ分解」を選択

うまくいけば「分解操作完了」のメッセージが表示され、元のファイルと同じフォルダ内に分解したファイルが書き込まれます

ページ等指定分解の場合

1.「全ページ分解の場合」の1.の方法のいずれかにより、ページ指定分解したいPDFファイルを「PDFファイル名」欄に入力します
2.「ページ等指定分解」ボタン あるいは メニューの「操作 - ページ等を指定して分解」を選択
3.ファイルの全ページ数を確認したい場合は、「ページ数表示」ボタンを押す
4.分解ファイルの保存先フォルダを指定したい場合は「保存先フォルダを指定」をチェックする
5.分解ファイルの更新日時を元のファイルと同じにしたい場合は「更新日時を元ファイルに合わせる」をチェックする
6.分解抽出するページ範囲を入力し「Ok」を選択
数値が入力されない場合、向かって左のエディットボックスには「1」が、
向かって右のエディットボックスには最終ページが入力されたものと仮定されます
つまり双方共入力しない場合は「全ページ分解」と同等になります
7.「保存先フォルダを指定」をチェックした場合は、保存したいフォルダを選択し、「OK」ボタンを押す

うまくいけば「分解操作完了」のメッセージが表示され、
「保存先フォルダを指定」をチェックした場合は指定した保存先に、
またチェックしなかった場合は元のファイルと同じフォルダ内に、
分解したファイルが書き込まれます

分解後のファイル名

分解後のファイル名は、元のファイル名にハイフン及び連番をつけたものになります
例えば、10ページからなる foresth.pdf は、

foresth-01.pdf foresth-02.pdf ... foresth-10.pdf

但し、既に存在するファイルに上書きの可能性があるときは、
上記連番の前にさらに数値列("0"〜"999")を追加します
例えば、上記ファイルの場合、

第2候補  foresth-001.pdf 〜 -010.pdf
第11候補  foresth-901.pdf 〜 -910.pdf
第12候補  foresth-0001.pdf 〜 -0010.pdf
第111候補  foresth-9901.pdf 〜 -9910.pdf
第112候補  foresth-00001.pdf 〜 -00010.pdf
第1111候補  foresth-99901.pdf 〜 -99910.pdf

第1111候補までいっても上書きの可能性のあるときはエラーとなります

============
トラブルシューティング

* うまく分解できない
* 本ソフトで対応できないPDFファイルの形式かもしれません
詳細は「制限事項」をごらんください
* ファイルをドラッグしてもファイル名が入力されない
* ファイルの拡張子が「.pdf」(あるいは「.PDF」等)になっていないと入力されません
* ファイルをドラッグしても「全ページ分解」ボタンや「ページ等指定分解」ボタンが使用可能にならない
* ファイル名(もしくは途中のフォルダ名)に本ソフトで取り扱えない特殊な文字が使用されている可能性があります
ファイル名入力欄に表示されたファイル名およびフォルダ名を確認してください
* ファイルが存在するのに「ファイルが見つかりません」とダイアログ表示される
* ファイル名(もしくは途中のフォルダ名)に本ソフトで取り扱えない特殊な文字が使用されている可能性があります
ダイアログに表示されたファイル名およびフォルダ名を確認してください
* ComPDFからの画面表示制御ができない
* ComPDF Ver0.92以上をご使用ください

====================================================================
【更新履歴】
Ver1.14 (2004.6.18)
 ・分解ファイル更新日時を分解元と同じにするオプション追加
  但し、Acrobat Reader等の「文書のプロパティ - 概要」で表示される
  作成日時は変更されます
Ver1.13 (2004.5.21)
 ・特定の不完全な構造のPDFファイルに対応
Ver1.12 (2004.4.23)
 ・初期表示位置がおかしくなることがあるバグ修正
Ver1.11 (2004.3.19)
 ・実行時メモリ管理関連のバグ修正
Ver1.10 (2004.2.20)
 ・特定構造のファイル解析に失敗することがあるバグ修正
Ver1.09 (2004.1.23)
 ・特定構造のファイル解析に失敗することがあるバグ修正
Ver1.08 (2003.12.19)
 ・進行状況表示部を改良
Ver1.07 (2003.11.21)
 ・ウィンドウ位置/保存先フォルダを保持できるように変更
Ver1.06 (2003.10.17)
 ・一部のPDFファイルで分解後、
  ファイル構造がおかしくなるバグ修正
Ver1.05 (2003.9.19)
 ・保存先フォルダ指定時にファイル名や保存場所が
  おかしくなることがあるバグ修正
Ver1.04 (2003.8.22)
 ・ページ指定分解時、保存先フォルダも指定可能に
Ver1.03 (2003.7.18)
 ・Ver1.01以降、暗号化ファイルの場合に
  エラー表示できなくなっていたバグ修正
Ver1.02 (2003.6.20)
 ・処理時のメモリ割当見直し
 (複雑なファイルでもエラーを起こしにくくなりました)
Ver1.01 (2003.5.23)
 ・ファイル構造解析部改良
 ・英語版Windowsでの動作を確認
Ver1.00 (2003.4.18)
 ・ComPDFからの制御機能(しおり等画面表示制御)強化
Ver0.99 (2003.3.20)
 ・WindowsXP等で背景色がおかしくなることがあるバグ修正
 ・対象ファイルが見つからない場合、ダイアログを表示
Ver0.98 (2003.2.21)
 ・WindowsXPでの動作を確認
 ・アイコンへドロップ時、PDFファイルの認識に失敗するバグ修正
 ・アイコンへドロップ時、ヘルプファイルが探せなくなるバグ修正
Ver0.97 (2003.1.17)
 ・ページ解析が厳密すぎて
  一部のファイルに対応できなくなったバグ修正
 ・ページ数解析表示時、カーソルを砂時計表示に
Ver0.96 (2002.12.20)
 ・ページ解析部を大幅に改良 変更箇所100ヶ所以上
 (ComPDF Ver0.90と同等レベルの改良;
  適用できるPDFファイルの範囲が広がりました)
Ver0.95 (2002.11.22)
 ・タブキーで、入力ボックスやボタン間の移動が可能に
 ・メッセージボックスが他のウィンドウに隠れることがあったのを修正
Ver0.94 (2002.10.18)
 ・ファイルが指定されていないときはボタン、メニューを使用不可に
Ver0.93 (2002.9.20)
 ・分解操作をキャンセルするとページ数表示ができなくなるバグ修正
Ver0.92 (2002.8.23)
 ・ページ指定時に付加される連番の判定をより厳密に
Ver0.91 (2002.7.19)
 ・ページ指定時にページ数表示機能を付与
 ・その他バグ修正(適用できるPDFファイルの範囲が広がりました)
Ver0.9 (2002.6.21)
 ・ページ指定で分解抽出する機能を付与
Ver0.861 (2002.6.4)
 ・ComPDF公開に合わせ、ComPDFの外部起動対応等について文書内容変更
Ver0.86 (2002.5.24)
 ・1ページのサイズが大きいPDFファイルを分解するときに
  エラーを起こすバグを修正
Ver0.85 (2002.4.19)
 ・ファイル読み取りを高速化
 ・バージョンリソースの付加
Ver0.84 (2002.3.20)
 ・WindowsMeでの動作を確認
 ・少しバグ修正
Ver0.83 (2002.2.18)
 ・ヘルプファイルが探せなくなるバグを修正
 ・ウィンドウ背景色をメニューバー背景色に設定
  (従来はライトグレー固定)
Ver0.82 (2002.2.7)
 ・Windows2000での「参照」時エラーを修正
  →Windows2000での動作を確認
Ver0.81 (2002.1.16)
 ・ページの作成状況をダイアログに数値表示
 ・いくつかのバグを修正
 ・インタラクティブな属性をすべて消去するよう設定
Ver0.8  (2002.1.10)
 ・公開

=================
著作権・免責事項

著作権など一切の権利は、作者である ForestH にあります。
また,このプログラムを使用したことによって生じた、いかなる障害・損害に
対して、作者は一切の責任を負わないものとします.

まだまだ使いにくいところやバグもあるかと思います。
ご意見ご希望バグ報告等お寄せいただければ幸いです。
「分解操作に失敗しました」と表示されるファイルでも
連絡いただければ対応可能になるかもしれません。
(但し対応には時間がかかるかもしれませんが)

foresth@green.email.ne.jp
http://www.ne.jp/asahi/foresth/home/

Push 2 Check